読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピーナと付き合うこと

2人の子持ちフィリピーナと幸せな今後を夢見る男のブログ

ミカ①

おはようございます。

続きを書きます。


奇しくも初めて会ったのがミカの誕生日パーティというファーストインプレッションから数週間が経ちました。


その間に実はある事に気付いたのです。


珍しくハイテンションで踊っていた松山さんを写した写メ。

その後ろにミカが写り込んでいたんです。


その写メを見て再確認。

やっぱかわええ❤️

しかし、ラッキーパンチで得た写メなだけで、特になにも意識せずおりました。


そんなある日の夜に安藤さんから電話が。

出ると向こうがやたらと騒がしい。

どうやらパンダで1人で飲んでいるとの事。

そこで私にお誘いの電話でした。


しかし、当の私はローリーショックから立ち直っておらず、また、女にがっついてもおりませんでしたのでお断りしました。


そして数日後の夜にまた安藤さんから電話がありました。

また1人でパンダで飲んでいるので来ないか?と。

これも丁重にお断り申し上げました。


そして風呂に入り、夕食を食べてさあテレビでも見ながらまったりするかと思ったところで安藤さんから再度の電話。

またまたお誘いでした。

しかも今度は同日に2回目のお誘い。


前の記事でも書きましたが、この安藤さん非常に寂しん坊さんです。


私のお断りに諦めきれず再度誘ってきたのでした。

しかもどうやらその時ヘルプでミカもついていたららしく、電話を代わられました。

「どうも〜ミカです。安藤さんは他の子指名だから私さみしいよ〜。あなた来ないの〜?」と。


まあ正直可愛い子でしたし、あの子とイチャつけるならという淡い期待、それに安藤さんは仮にも先輩です。

一度は断ったものの、今回も断れば3回目のお断りになります。

そこまで誘われて断るほど私は人付き合いが下手ではありません。


半ば渋々行く事にしました。


その日は平日という事もあり、客もまばらでした。


ざっと席を見回すと安藤さんがお気にの子といちゃいちゃしている所を発見。

とりあえず安藤さんに挨拶し、適度な距離を置いて着席しました。

するとママが来て指名ありますか?と。


ここで後に知る事になるミカの性格の片鱗が垣間見えました。


安藤さんからの電話でミカとも話し、ミカにもこれから行くよと伝えておりました。

つまりミカは自分と安藤さんが呼んだから来たという事は認識していた筈です。

であれば、何も言わなくても指名はミカであり、ママも私もそこに異論は唱えません。

しかしミカはがっついてグイグイ席に来たりはしませんでした。

後に知りますが、本当は客なんか欲しくてしょうがなかった筈ですが、気を遣う事とプライドと相まって、自分からは来ませんでした。


ま、そんな事当時の私はよく知らずにこういうもんだと認識しておりました。


ママに指名はミカで、と伝えるとウェイティングしていたミカはすぐに席に来ました。


近くで見るとやっぱり可愛いな。

この子とイチャつけるならラッキーかも🎶

などと内心浮かれていました。

しかし、元々私は人見知りです。あまり自分から軽いボディータッチも出来ません。

以前のサオリの時も向こうからどうぞ的な動きがあっての太ももタッチでしたから。


しかし、当時の私は知っているフィリピーナはサオリとサオリの仲の良かったお姉さんのみ。

それにネット等で見るフィリピーナはだいたいどの記事でも明るくてボディータッチガンガン的なイメージでしたから、ミカにも同じように思っておりました。


しかし、ミカは全くボディータッチもしません。勿論私にも誘いません。

指名は嬉しかったと思います。

でも彼女の両手は自分の足元で組んだまま。

特別に甘えたりいちゃついたりは一切なく、ただただ話していました。


彼女はお母さんと暮らしている。

家も割と近い(実は店より私の家の方が近いという)

年はこの前の誕生日で30になった。

そんな自己紹介的な話もそこそこに

最初に挨拶した時の話になりました。

彼女の印象は「まあ来ないだろうな」だったそうです。

つまり期待してなかったと言っておりました。

で、私も調子よく「こんな可愛い子なら来ちゃうよ〜」なんて軽口を叩いておりました。


話は男女関係の話に。


実際私はかなり前にお付き合いしていた人はいましたが、付き合って数ヶ月で自然消滅して以来、10年以上特定の彼女はいませんでした。

しかし、そんな事言ったら引かれるかな?と思って軽い嘘をつきました。

3年前位に別れてから彼女いないよ、と。


すると彼女も、そうなんだ〜、私も3年位かな、と。

そこで特に突っ込んだりもしなかったので、普通に彼氏だと思っていました。

そして彼女はボソッと独り言のように「もう男はいらないな〜」


この一言が私に彼女を信用させました。


考えてみてください。

新しい客を掴みました。

これからどのように来るかも、どんな目的で来るかもわかりません。

しかも飲み屋ですよ?

惚れさせるのが一番に決まってます。

なのに男いらない発言。

しかも、「あ、言っちゃった」的な顔して。

おそらく本音だったのでしょう。


率直にこの子は嘘は下手だなと思いました。


そんな話をしながら、その日は一時間いた所で安藤さんも程よく満足したようでしたので2人で帰りました。


ここまでボディースキンシップなし!


ま、可愛かったらからいいか、程度で帰路につきました。



つづく

本題②

続けて筆をとります。


隣町のサオリの店に行ってから数年。


今度は安藤さんに誘われて初めて地元のフィリピンパブに行きました。

お店の名前は「パンダ」(仮称)


以前行ったサオリの店とほぼ同規模の店でした。


その日は店も割と混んでいて、私たち3人が入ると席は満席になりました。


安藤さんはパンダには何度か行っているらしく、既に毎度の指名の子がおりました。


私ともう1人の従業員(以下松山さん)は勿論指名も無いのでフリーとなります。


私の横についた娘はホリの深い、外人さんらしい外人さん。

髪は金髪で、胸も爆乳。腰はきちんとくびれておりました。


しかし、私はあまりホリの深い、所謂西洋系のお顔はあまり好きではありません。

しかも、日本語はお世辞にも上手とは言えず、コミュニケーションも取りづらい方でした。


ここは気持ちを切り替えて、目の保養のみと割り切りました。


その辺りで一時間のコール。

安藤さんは延長すると言いました。

私と松山さんは正直楽しんではいませんでした。

が、私も松山さんも安藤さんにつきあって女のいる飲み屋まできたのは初めてでした。

かなり楽しんでいる安藤さんを見て、あと一時間だけ付き合おうと話合い、私達も延長する事にしました。


しかし、ここで事件がおきます。

私についていた女の子が、誰かのカラオケの曲に合わせて、フロアで踊りだしたのです。

勝手に1人で。

まあ、私もろくに話もしていなかったので暇だったのと、酒の勢いなんでしょうが。


ここで安藤さんから地獄の耳打ちが。

「あの子オトコだから、惚れちゃダメだよ」


・・・・・・・・・・・!!!!!!!


オトコ!!!???


一気に私の気持ちがサーッと冷めました。


偏見を晒すわけではありませんが、正直同姓のしかも露出の高い服を着た人にベタベタされるのは趣味じゃありません。

しかもその話を聞いてからその子がローリー寺西にしか見えなくなりました。


ここで私の心は完全にその子には向かなくなりました。


しかし、時は延長コールの直後。

まだ約一時間残ってます。


どうしたもんかと思案していたところ、ここでまた気持ちの切り替えを図りました。


この店で一番可愛い子を探そう。


その日は土曜でしたので、女の子も10人近くいたと思います。


その中で1人可愛い子を見つけました。

その当時はイラン人タレントのサヘル(わからない方はググって下さいm(_ _)m)に似た印象を受けました。


しかしその子はあっちこっちの席に移っていたので、指名もかなり被っていたのでしょう。

勿論私もいきなり場内指名をするわけもなく、ただ見ていました。

あの子は可愛いな〜なんて思いながら。

安藤さんも私に気を遣って声をかけてきたので、「あの子可愛いっすね。」なんて言いました。

すると安藤さんからは、「あれナンバーワンだからやめときな〜。」という忠告を頂きました。


そして、若干話はそれますが、松山さんがついていた女の子に連れられてフロアに出され、一緒に踊らされてました。

普段大人しい松山さんがそんな様になっているのが面白くて私は踊っている(踊らされている)松山さんを写メでパシャリと撮りました。


そして延長の時間も終わり、安藤さんも二時間と決めていたらしく、ここで終わりと店のママに告げました。


すると、何故かその可愛い子が私達のテーブルに挨拶に来ました。


ここで、混雑の意味、その子があっちこっちについて指名もが何人も被っていた意味がわかりました。


全くの偶然ですが、その日はその子の誕生日パーティだったのです。


それで、指名はしていないものの、安藤さんはその子とも既に顔見知りだったので、挨拶に来たようでした。


そこで安藤さんは余計な気を利かせ、その子に「この俺の後輩が気に入ったみたいだよ。」と。


するとその子は「え〜、そうなの〜?じゃ今度私に会いに来て〜」

私も「今度ね〜」なんて言って握手しました。

名前はミカ(仮名)と名乗りました。


これがその後付き合う事になるミカとの初対面でした。





つづく


本題①

久しぶりに筆をとりました。


前回心の中を吐露しようと試みて始めたブログでありますが、結論を言うとあの後2ヶ月で破局しました。


が、今もズルズルと関係が続いております。

その話は追って書きたいと思います。


とりあえずは元彼女との馴れ初めから書きます。



隣町のサオリと疎遠になって数年。


今から約2年半前になりますか。


地元の先輩で安藤さん(仮名)という方が居ます。

年は私の6コ上で建築関係の一人親方(+従業員1人)をしております。


私は今現在、車関係の仕事をしておりますが、この安藤さんの所で週一でバイトをしております。

というのもこの安藤さんは依存心の強い甘えん坊さん。

でもってPCを全く使えません。

せいぜいインターネットでサイトを見て回るくらいしか出来ません。

だもんで、見積書や請求書、果ては確定申告までを含めて私をバイトとして雇って丸投げしております。


この安藤さんの職場、以下安藤建設とします。

この安藤建設は安藤さん、1人の現場作業の従業員、そして私の3人が一応所属している訳ですが、この安藤建設は毎月月末付近の週末が給料日、そしてその給料日は安藤さんの奢りで飲みに行くというのが習慣でした。

そして安藤さんは無類の女好き、酒好きです。


今でこそ私も飲み屋に1人で行く事もありますが、冒頭の方で書いた通り元来あまりそういう所には行きませんでした。


しかし約2年半前の忘れもしない11月1日。

その日は1日が土曜だったのでその日が給料日であり、飲み会の日となりました。


安藤さん行きつけの焼き鳥屋で飲んだ後、毎月のように安藤さんから女のいる飲み屋へのお誘いがありました。


その3年前位(現在より5年程前)から一緒に働いては居ますが、毎回私は断っておりました。


しかし、その日はいつもキャバクラに行きたがる安藤さんが、地元にあるフィリピンパブに行きたいと言いだしました。

どうやら行きつけの焼き鳥屋のマスターにフィリピンパブを教わったらしく、日本人の店より多少のお触りも出来る(女の子によりますが)フィリピンパブにはまっておりました。

かくいう私も、普段は断り一辺倒のはずが、サオリの事をふと思い出し、というよりムチムチ生足の感触を思い出し、「少しくらいなら」と一緒に行く事にしました。


この判断が、私のその後2年半を決定付ける判断になるとはつゆ知らず。


長くなったので今回はこの辺で終わりにします。

次回は元彼女との出会いあたりを書きたいと思います。



つづく



サオリ編③

少し中断して私のスタイルをお話ししますが、私は基本お触りはしません。

胸やお尻は勿論、自分から手を繋いだりもしません。

まあ、サオリは生な上に私好みの太ももなので、足には手を置いていましたが、さすったりもせず、ただ置いていただけでした。

そんな私の佇まいを優しい優しいと言っていましたね。

それだけ他の客が身体目当てなんでしょうけど。

 

話をサオリとのその後に戻します。

 

誕生日の後に数日経ってからまた店に行きました。

 

その頃サオリは店では(店以外では誕生日のバーでしか会っていませんが)だんだん彼女ヅラしだしました。

私の事はハニーと呼び、やたらと自分の他の客の話を聞かされました。

 

そんな中、唐突に耳打ちされました。

「付き合おうか」

 

はっきり言って、顔は可愛いし身体も好み。

あの時、今ほどの勇気を持っていれば付き合っていたでしょう。

 

そうです。私は断りました。

否、逃げました。

 

付き合おうかと言われて真っ先に浮かんだのは、2人で歩いている時に知り合いに見られたらなんと思われるだろう。

フィリピーナと付き合うなんてモテないオヤジの行き着く先だ。位に思ってしまいました。

 

その日は答えもごまかして、店を出て、その後ミュージックラブに行く事はありませんでした。サオリからのLINEも既読スルーしました。

それ位、まっすぐ逃げました。

本当にサオリには悪かったと思っています。

どうあれ、キチンと言葉で答えるべきでしたね。

私は何も言わず、それから1年ほど完全にサオリからバックれました。

 

恐らく最後に行ったのが9月だったと思いますが、クリスマスのメールもシカトしました。

あけおめメールもシカトしました。

そこでサオリからのメールも止まりました。

 

しかし、約1年後のクリスマスにまたメリークリスマスとLINEが来ました。

 

さすがに1年経ったのにわざわざ思い出してLINEくれたのにシカトするのも悪いと思い、メリークリスマスと返しました。

 

すると、矢継ぎ早に「急に連絡取れなくなって心配した」「ミュージックラブは摘発されて閉店した」「今はさらに電車で数駅の店に移った」等と言ってきました。

 

付き合う云々の話はサオリもしなかったので、私もそれには触れませんでした。

 

結局、たまにはお店に遊びに来てね。というLINEでサオリとのお遊びは終わりました。

 

 

と、思ったのですがね。

 

 

つづく

サオリ編②

通っていた時期にサオリの誕生日がありました。


その直前に私が男3人で西の方に旅行に行ったので、お土産兼誕生日プレゼントで日付け入りのキーホルダーと名産ぽいあぶらとり紙をプレゼントしました。
その日は確か最後までいましたね。
金額は覚えていませんが、2〜3万位だったと思います。


その時はフィリピンパブなんてそこしか知らなかったし、店の子の誕生日もサオリしかなかったので何も感じなかったですが、誕生日なのにパーティ的なものはなく、サオリの客も私一人でした。

 

私も下心があったわけでは無いのですが、サオリからも店終わったら飲みに行こうと言われたのでラストまでいました。

 

しかし、フィリピーナのコミュニティではよくあるみたいですが、彼女達は仲の良い年上の人をお姉さん。年下の子を妹と呼んでいます。
誕生日の時は、たまたま隣の席にいた子がいわゆるサオリのお姉さんでした。
けっこう騒がしくて、ノリノリのいわゆるフィリピーナっぽいフィリピーナでした。

 

私とサオリが店のあと飲みに行くという話を聞いて、自分と自分の客も一緒に行くと半ば強引に割って入ってきました。
正直、私はお姉さんが苦手だったので、一緒に行くなら俺は帰るよと伝えると、どうやら2人だけで行きたいから断ってると思われたらしく、しつこく誘われ、さらにまだ2人は早いでしょ(何が?)とまくしたてられました。

結局、私とサオリ、お姉さんとその客の4人で近くの黒人のボーイがいるバーに行きました。

 

バーには行ったものの、サオリも疲れが溜まっていたらしくウーロン茶のみ。私も元々飲まないのでウーロン茶。

お姉さんとその客はバドワイザーを飲んでましたね。

サオリは疲れているにも関わらず、歩く時は基本腕を組んだり肩を組んだりとずっとべったり。

バーでも、やれ「眠く無いか?」とか「付き合わせてごめんね」とか気にしてくれてました。

 

そのバーに1時間位いたでしょうか。

まあ、蓋を開けてみればお姉さんが飲み足りなかったので私達3人とも付き合わされたような感じでしたね。

 

バーを出てから、私は次の日が平日という事もあり、彼女達と別れて一人帰宅しました。

 

 

 

つづく

 

はじめてのフィリピンパブ

私が初めてフィリピンパブに行ったのは5年位前です。

駅でいうと隣町のフィリピンパブに地元の先輩に連れて行かれたのが最初です。

 

キャバクラ等は数回行った事がありますが、若い女の子の軽いノリはあまり好きではなく、私自身お酒に極端に弱くてあまり好きではないので好んで行く事はしなかったですね。

 

そんな中、先輩に誘われて、驕りという事もありフィリピンパブに行く事になりました。

 

後に知るのですが、そこはいわゆる「ヌキ」ありのお店でした。

まあ、最初はそんな事勿論知りませんでしたが。

 

そこはミュージックラブ(仮名)というお店です。

テーブルは6卓位でカウンターはありませんでした。

小さなフィリピンパブには珍しく、男のボーイ(店長?)がいました。

 

最初に座った子はサオリ(仮)。

まあ、顔ははっきり言ってそのお店では一番可愛かったですね。

他の子と、またイメージのフィリピーナと違い、割と静かで大人しい感じの子でした。

身体はソコソコぽっちゃり気味ですが、私がぽっちゃり好きな上に自分が120kgオーバーの巨漢なので問題無し、むしろタイプでした。

さらにその子はストッキングを履いておらず、いわゆる生足!

座って10分で私の手は彼女の太ももが定位置になりました。

 

サオリは偶然私と同い年。

当時でいうと32歳でした。

彼女は日本語も普通に会話できるし、不都合は感じなかったですね。

初めて会ったときに子供がいる事は教えてくれましたが、一緒には住んでいない。別れた旦那に親権をとられているので離れて暮らしていると言っていました(つい最近それが嘘だった事を知りましたが)

 

このお店には3ヶ月程でトータル10回位通いましたかね。

毎回1万円までと決めて行っていました。

彼女の飲み物位は飲ませますが、余計な注文は一切しませんでした。

 

一度だけサオリでヌキをした事がありますが、テーブルを囲むパーテーションがあるだけなので、恥ずかしさ満点でした(汗)

 

 

 

つづく

フィリピーナと付き合うこと

初めまして。

若干の自己紹介をさせて頂きます。

私は37歳の独身男です。

現在、2人の子持ちのフィリピーナとお付き合いをしています。

彼女との出会いから歩み、そしてこれからどうなるかわかりませんが、日々の苦悩や葛藤、また思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

 

あわよくば、フィリピーナに本気になってしまった方へのアドバイスや教訓、思い留まるきっかけ。突き進む勇気。

まあ、なにかしらお役に立てれば幸いです。

 

とはいえ、自分の内に留めておくだけに出来ない男の心の叫びです。

 

これから様々書いていきたいと思いますので、読んで頂ければありがたく存じます。