フィリピーナと付き合うこと

2人の子持ちフィリピーナと幸せな今後を夢見る男のブログ

はじめてのフィリピンパブ

私が初めてフィリピンパブに行ったのは5年位前です。

駅でいうと隣町のフィリピンパブに地元の先輩に連れて行かれたのが最初です。

 

キャバクラ等は数回行った事がありますが、若い女の子の軽いノリはあまり好きではなく、私自身お酒に極端に弱くてあまり好きではないので好んで行く事はしなかったですね。

 

そんな中、先輩に誘われて、驕りという事もありフィリピンパブに行く事になりました。

 

後に知るのですが、そこはいわゆる「ヌキ」ありのお店でした。

まあ、最初はそんな事勿論知りませんでしたが。

 

そこはミュージックラブ(仮名)というお店です。

テーブルは6卓位でカウンターはありませんでした。

小さなフィリピンパブには珍しく、男のボーイ(店長?)がいました。

 

最初に座った子はサオリ(仮)。

まあ、顔ははっきり言ってそのお店では一番可愛かったですね。

他の子と、またイメージのフィリピーナと違い、割と静かで大人しい感じの子でした。

身体はソコソコぽっちゃり気味ですが、私がぽっちゃり好きな上に自分が120kgオーバーの巨漢なので問題無し、むしろタイプでした。

さらにその子はストッキングを履いておらず、いわゆる生足!

座って10分で私の手は彼女の太ももが定位置になりました。

 

サオリは偶然私と同い年。

当時でいうと32歳でした。

彼女は日本語も普通に会話できるし、不都合は感じなかったですね。

初めて会ったときに子供がいる事は教えてくれましたが、一緒には住んでいない。別れた旦那に親権をとられているので離れて暮らしていると言っていました(つい最近それが嘘だった事を知りましたが)

 

このお店には3ヶ月程でトータル10回位通いましたかね。

毎回1万円までと決めて行っていました。

彼女の飲み物位は飲ませますが、余計な注文は一切しませんでした。

 

一度だけサオリでヌキをした事がありますが、テーブルを囲むパーテーションがあるだけなので、恥ずかしさ満点でした(汗)

 

 

 

つづく

広告を非表示にする