読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピーナと付き合うこと

2人の子持ちフィリピーナと幸せな今後を夢見る男のブログ

サオリ編③

少し中断して私のスタイルをお話ししますが、私は基本お触りはしません。

胸やお尻は勿論、自分から手を繋いだりもしません。

まあ、サオリは生な上に私好みの太ももなので、足には手を置いていましたが、さすったりもせず、ただ置いていただけでした。

そんな私の佇まいを優しい優しいと言っていましたね。

それだけ他の客が身体目当てなんでしょうけど。

 

話をサオリとのその後に戻します。

 

誕生日の後に数日経ってからまた店に行きました。

 

その頃サオリは店では(店以外では誕生日のバーでしか会っていませんが)だんだん彼女ヅラしだしました。

私の事はハニーと呼び、やたらと自分の他の客の話を聞かされました。

 

そんな中、唐突に耳打ちされました。

「付き合おうか」

 

はっきり言って、顔は可愛いし身体も好み。

あの時、今ほどの勇気を持っていれば付き合っていたでしょう。

 

そうです。私は断りました。

否、逃げました。

 

付き合おうかと言われて真っ先に浮かんだのは、2人で歩いている時に知り合いに見られたらなんと思われるだろう。

フィリピーナと付き合うなんてモテないオヤジの行き着く先だ。位に思ってしまいました。

 

その日は答えもごまかして、店を出て、その後ミュージックラブに行く事はありませんでした。サオリからのLINEも既読スルーしました。

それ位、まっすぐ逃げました。

本当にサオリには悪かったと思っています。

どうあれ、キチンと言葉で答えるべきでしたね。

私は何も言わず、それから1年ほど完全にサオリからバックれました。

 

恐らく最後に行ったのが9月だったと思いますが、クリスマスのメールもシカトしました。

あけおめメールもシカトしました。

そこでサオリからのメールも止まりました。

 

しかし、約1年後のクリスマスにまたメリークリスマスとLINEが来ました。

 

さすがに1年経ったのにわざわざ思い出してLINEくれたのにシカトするのも悪いと思い、メリークリスマスと返しました。

 

すると、矢継ぎ早に「急に連絡取れなくなって心配した」「ミュージックラブは摘発されて閉店した」「今はさらに電車で数駅の店に移った」等と言ってきました。

 

付き合う云々の話はサオリもしなかったので、私もそれには触れませんでした。

 

結局、たまにはお店に遊びに来てね。というLINEでサオリとのお遊びは終わりました。

 

 

と、思ったのですがね。

 

 

つづく